PICTANEAgroup

イラスト参考

イラスト制作事例

(イラストのみの制作は承っていません)

NHKから依頼された作品その他

劇場用アニメ作品、キャラ設定例

アニメキャラ

人物イラストのバリエーション例

イラストバリエーション

そもそもイラストレーターって何者のこと?

イラストレーターという名称を最初に使ったのは、おそらく横尾忠則さんか黒田征太郎さんと思います。

イラストレーションにもともと絵画という意味合いはなく、印刷用語でテキスト以外の要素(主に図解・表・説明図)ということ、写真やカットも含まれます。
このカットの部分だけを取り上げて、主に雑誌・広告などの印刷媒体で使う簡単な絵を、イラストというようになりました。(書籍の口絵・挿絵は別扱い)
〈イラストレイテッド◯◯〉と名付けられた雑誌はイラスト集ではなく、写真誌(グラフ雑誌)です。またAdobeのIllustratorは図形描画であって、お絵描きソフトではありません。

横尾さんの画集を見ると、ポスターの原画として、版下に色指定したものが掲載されています。ラフスケッチは当然あったのでしょうが、「原画」はあくまで版下なのです。
この版下という言葉は浮世絵(錦絵)からきたもので、版木を彫るための下絵という意味です。横尾さんはまさしく現代の浮き世絵師だったのです。

ボストン美術館に所蔵されている浮世絵は保存状態が大層よく、大首絵の髪の生え際が、墨と灰色の2色で表現されていることが分かったそうです。
これを喜多川歌麿の手柄と思っている人は多いようですが、それだけではありません。

髪の毛だけでなく、着物の柄なども実に細密に描かれています。これらも絵師・彫師・摺師、それぞれの段階での創意工夫によるものです。
浮世絵(錦絵)は、歌麿等の”芸術家”が肉筆の美術作品を創って、下職の彫師や摺師が忠実に写し取り、大量に複写するというものではないのです。確かに肉筆浮世絵を描いた絵師は沢山いますし、人気絵師の名前を売り物にすることもありました。しかし肉筆浮世絵が錦絵の原画ではありません。

大津絵に始まる肉筆浮世絵は、多色刷り木版画の技術を得て「錦絵」として発展しました。錦絵(木版画浮世絵)は出版物です。江戸時代の〈イラストレイテッド◯◯〉といえます。版元がプロデュースして、絵師・彫師・摺師に仕事を発注します。最終的な品質はこの三者のコラボレーションで決まります。

絵師が自分で構想する時は彩色するかもしれませんが、浮世絵の下絵は線画です。線画を裏返しに貼って版木を起こします。主版(おもはん)といい、浮世絵の元となるものです。主版を所有するのが版元となり版権を持ちます。
主版から何枚もの下絵のコピーを刷り、それに絵師が彩色します。着物の柄等の輪郭線がない部分は、この時点で初めて描き込まれ、色版用原画となるわけです。今度は原画に従って色数だけの色版を彫ります。またグラデーションは彫ることができませんから、摺師の技量にかかっています。

江戸時代に芸術という言葉は使われていました。それは武芸(剣術)のことだったそうです。江戸時代に絵師・画工はいても、芸術家・アーティストはいません。土佐絵なども御用絵師です。

同じように、イラストレーターは現代の絵師・画工といってよいでしょう。